×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日本最初の牛丼の味をお取り寄せ

日本最初の牛丼の味をお取り寄せ

牛丼は1862年に横浜の居酒屋で「牛の煮込み」として売り出したものが最初と言われています。
その頃、横浜は外国人居留地で外国人が経営する食肉店もあり、主に外国人が食べるものだったようです。

 

その後、明治時代になって徐々に牛肉を出す店が東京などにも増え始め、日本人でも牛肉を食べる人が増えていきました。
しばらくはずっと「牛鍋」という形で食べられていましたが、明治23年頃から「牛飯」という食べ物が登場します。

 

牛飯屋もできて、当時6銭前後だったカレーライスに比べ、牛飯は1銭だったので、その頃から手軽で安い食べ物だったようです。
牛丼は最初、味噌味だっというから意外です。

 

それだけ古い歴史があるだけに、日本人には今でも根強い人気があります。
最近では店舗だけでなく、家に取り寄せて食べる人も増えてきています。

 

ネット通販が普及したおかげで、いつでもどこでも食べたいときに牛丼を取り寄せて食べることができるのは嬉しいですね。
自分の好きな牛丼店の味をそのまま取り寄せられます。