×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

取り寄せ牛丼で「アタマの大盛」を作る

取り寄せ牛丼で「アタマの大盛」を作る

「アタマの大盛」という言葉を知っていますか?
これは、牛丼の具だけ大盛りにすることです。

 

汁をたくさん入れる「ツユダク」という言葉は、いつの間にか一般に広く知られるようになって、牛丼以外にも使うようになってきましたが、「アタマの大盛」はまだまだそんなに知られていないようです。
牛丼の並盛は、具が先になくなってご飯が残るという人が多いようです。

 

かといって、「大盛」にしてしまうとご飯の量も増えるので食べきれないという人のために登場したのが「アタマの大盛」というわけです。
もともとは吉野家の裏メニューだったそうで、常連の人が言い出した言葉だったようです。

 

料金は並盛にプラス100円の380円で、大盛440円より少し安くなっています。
この「アタマの大盛」が、吉野家の正式なメニューとして採用されました。

 

お店で牛丼を食べると、具やご飯の調節ができないのですが、具をネットで取り寄せれば自分で自由に調節ができます。
ほとんどのチェーン店の取り寄せができるので、吉野家だけでなく、自分の好きな牛丼店のものを取り寄せて「アタマの大盛」を作ることができます。