×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

牛丼お取り寄せ人気ランキング|おすすめ牛丼店の取り寄せ方法

牛丼お取り寄せ人気ランキング

吉野家 牛丼の具 135gX30食

 

何度食べても飽きがこないといえば、吉野家の牛丼です。
自宅で好きな時に食べられるのがいいですね。
お店では出来ない自分好みのトッピングで楽しめます。
牛丼も良いですが、牛皿にすればお酒のつまみにもばっちりです。

 

≪詳細はこちらから≫

 

20パックセットすき家牛丼の具

 

すき屋の牛丼は人気ですよね。
多彩なトッピングと甘辛い味付けがたまりません。
取り寄せなら、牛丼は食べたいけど一人じゃ入りづらいと思っている女性の方や、
すき屋が好きだけど、近くに店がないという方でも、いつでもすき屋の牛丼を堪能できます♪

 

≪詳細はこちらから≫

 

博多久松こだわり牛丼Bセット

 

博多久松から人気のこだわり牛丼です。
チェーン店の牛丼に戻れなくなる方が続出しているようです。
卵をのっけてまろやかにしても良し。
紅ショウガをのせてさっぱり食べるも良し。
いつもとは違う牛丼を食べたい方におすすめですね。

 

≪詳細はこちらから≫

 

牛丼は1862年に横浜の居酒屋で「牛の煮込み」として売り出したものが最初と言われています。

その頃、横浜は外国人居留地で外国人が経営する食肉店もあり、主に外国人が食べるものだったようです。

 

その後、明治時代になって徐々に牛肉を出す店が東京などにも増え始め、日本人でも牛肉を食べる人が増えていきました。

しばらくはずっと「牛鍋」という形で食べられていましたが、明治23年頃から「牛飯」という食べ物が登場します。

 

牛飯屋もできて、当時6銭前後だったカレーライスに比べ、牛飯は1銭だったので、その頃から手軽で安い食べ物だったようです。

牛丼は最初、味噌味だっというから意外です。

 

それだけ古い歴史があるだけに、日本人には今でも根強い人気があります。

最近では店舗だけでなく、家に取り寄せて食べる人も増えてきています。

 

ネット通販が普及したおかげで、いつでもどこでも食べたいときに牛丼を取り寄せて食べることができるのは嬉しいですね。

自分の好きな牛丼店の味をそのまま取り寄せられます。

続きを読む≫ 2015/02/10 10:19:10

チェーン店の牛丼はいつ食べても美味しいもので、大人から子供まで大好きです。

そんな牛丼を自宅でも食べたいと思って、作ってみたという人も少なくないでしょう。

 

しかし、どういわけかあのチェーン店の味は、なかなか出すことができないのです。

だし汁、醤油、みりんを煮たてたところに、薄切り玉ねぎと牛肉を入れて煮込むというのが一般的な牛丼の作り方です。

 

調味料の分量さえ間違えなければ、これだけで充分美味しい牛丼が出来上がりますが、チェーン店の味とは違います。

料理のレシピサイトなどをみると、同じ味にするために試行錯誤している人がたくさんいます。

 

そう簡単に人気の味は再現できないということですね。

簡単に自宅でチェーン店の味を食べるには、お取り寄せが一番です。

 

いろいろなネットショップで、自分の好きなお店の牛丼が取り寄せられます。

なかにはメニューも豊富で、豚丼や牛ごぼうそぼろ、親子丼、焼き鳥丼も取り寄せられる店もあります。

 

続きを読む≫ 2015/02/10 10:19:10

外国の人が、有名チェーン店で牛丼を食べた様子をYoutubeにアップして話題になりました。

日本でも安くて早くて美味しいということで、人気のある牛丼ですが最近はアメリカ、中国、マレーシア、シンガポールにも支店を出しているようで、外国人にもとても人気がある食べ物のようです。

 

Youtubeに画像をアップした外国人も、安くて美味しいと絶賛していて、それをみた海外の人達の反応も「安くて美味しそう」とか「日本には素晴らしいファストフードがたくさんあってずるい」といった意見が多く書き込まれています。

すき家は中国、ブラジル、タイなどに支店を出していて、吉野家はアメリカ、香港、シンガポールなどに支店があります。

 

いずれもその国の味覚に合わせて、多少味が違うようなので、海外で日本と同じ牛丼を食べたいと思ったら取り寄せるしかないでしょう。

ネット通販でいろいろな牛丼店の味が取り寄せられるので、世界中どこにいても日本の牛丼を食べることができます。

 

冷凍保存なので、一度にたくさん取り寄せても大丈夫です。

続きを読む≫ 2015/02/10 10:19:10

有名チェーン店で食べる牛丼は、とても美味しいものです。

秘伝のツユのせいか、長時間大きな鍋で煮込んでいるせいか、あの何とも言えない味わいは、自宅でなかなか再現することができません。

 

それならお店で食べたいときに食べればいいじゃないか…と思いますが、女性だとそうはいかないようです。

最近は男女平等が当たり前になってきていて、1人で居酒屋などに行く女性も増えてきているようですが、牛丼店に1人で行くのは勇気がいります。

 

また、お店にいる周りの男性も驚くようです。

カフェなどに1人で行くのはおかしくないのに、牛丼店だけNGというのは女性としては納得がいかない気もしますが、入りにくいのは事実です。

 

ネット販売が一般化してきたおかげで、牛丼も取り寄せられるよになりました。

それも、自分の好きな有名チェーンの商品が取り寄せられます。

 

いずれも1人前ずつのレトルトパックになっていて、湯煎するか電子レンジで加熱すれば、すぐに食べることができます。

取り寄せれば自宅で人目を気にせず食べられるので、女性でも思う存分あの味を味わうことができます。

続きを読む≫ 2015/02/10 10:19:10

有名チェーン店の牛丼はとても美味しいですよね。

牛丼は人によって食べ方が様々です。

 

紅ショウガや赤唐辛子をたくさん掛ける人や、卵やキムチをトッピングする人など、オリジナルの食べ方がたくさんあります。

自宅で牛丼を作る時に、えのきを追加する人も多いようです。

 

えのきを入れると栄養バランスがよくなり、ヘルシーな上にボリュームアップします。

しかし、家で作るとどうしてもお店のような味になりません。

 

そこでオススメなのが牛丼のお取り寄せです。

お気に入りのお店の味をそのまま自宅に取り寄せることができます。

 

取り寄せた牛丼は、鍋で湯煎するか、パッケージのまま電子レンジで加熱すれば、すぐにそのまま食べることができます。

加熱する際にえのきをプラスすると、簡単にアレンジメニューが完成します。

 

豆腐や糸こんにゃくをプラスして肉豆腐にすることもできます。

女性の場合、お店だと卵やキムチのトッピングを注文しづらいこともありますが、自宅なら周りを気にせず好きな食べ方ができます。

続きを読む≫ 2015/02/10 10:18:10

牛丼というと、何となくカロリーが高いイメージがありますが、なんとダイエットに適したバランスフードという説があります。

人間に必要な三大栄養素は糖質、脂質、タンパク質ですが、牛丼にはご飯に糖質、牛肉に脂質とタンパク質が含まれています。

 

牛丼もバランスよく食べれば、摂取したエネルギーが体内で効率よく燃焼するため、痩せやすくなるというのです。

それには、もちろん牛丼ばかり食べていてはいけませんが、1週間の食事に何回か食べるようにすればいいのです。

 

本格的に牛丼でダイエットするなら、山芋や卵、キムチなどをプラスするといいでしょう。

ダイエットメニューにするのであれば、トッピングを工夫するためにお店で食べずに取り寄せがおすすめです。

 

自分の好きなチェーン店の味を取り寄せられますので、自宅でカロリー燃焼を高める栄養素を自由にトッピングできます。

取り寄せれば値段もさらに安くなりますし、湯煎や電子レンジで加熱するだけなので調理も簡単です。

続きを読む≫ 2015/02/10 10:18:10

チェーン展開をしているファストフード店はたくさんありますが、どの店でも裏メニューがあるのをご存じですか?

この裏メニューとは、メニューに載っていない全く別の商品というのではなく、販売されている商品にリクエストをすると出来る限りそれに応えてくれるというものです。

 

牛丼店では、汁やネギを多く入れてもらったり、逆に少なくしてもらうこともできます。

ご飯の量を少なくしたり、ご飯の量はそのままで具の量を増やしたり、細かい要望に応えてくれる店もあります。

 

そんなに自由に食べたいなら、自分で作れば?と言われそうですが、あのチェーン店の味じゃないとダメなんですよね。

そんな人は、牛丼を取り寄せてみてはいかがでしょうか?

 

ほとんどのチェーン店の牛丼を、インターネットで取り寄せられるようになっています。

牛丼店のホームページで注文したり、楽天市場などの大手インターネットショップで注文したりして、自宅に取り寄せることができます。

続きを読む≫ 2015/02/10 10:18:10

「アタマの大盛」という言葉を知っていますか?

これは、牛丼の具だけ大盛りにすることです。

 

汁をたくさん入れる「ツユダク」という言葉は、いつの間にか一般に広く知られるようになって、牛丼以外にも使うようになってきましたが、「アタマの大盛」はまだまだそんなに知られていないようです。

牛丼の並盛は、具が先になくなってご飯が残るという人が多いようです。

 

かといって、「大盛」にしてしまうとご飯の量も増えるので食べきれないという人のために登場したのが「アタマの大盛」というわけです。

もともとは吉野家の裏メニューだったそうで、常連の人が言い出した言葉だったようです。

 

料金は並盛にプラス100円の380円で、大盛440円より少し安くなっています。

この「アタマの大盛」が、吉野家の正式なメニューとして採用されました。

 

お店で牛丼を食べると、具やご飯の調節ができないのですが、具をネットで取り寄せれば自分で自由に調節ができます。

ほとんどのチェーン店の取り寄せができるので、吉野家だけでなく、自分の好きな牛丼店のものを取り寄せて「アタマの大盛」を作ることができます。

続きを読む≫ 2015/02/10 10:17:10

いろいろな食べ物にひと手間加えてアレンジするのが流行っていますが、テイクアウトした牛丼も、家庭でひと手間加えると美味しく変身させることができます。

超簡単なアレンジは、お茶をかけてお茶漬けにしたり、チーズを乗せて焼く、納豆を混ぜる、半熟の目玉焼きを乗せるなどのアイデアがたくさんあります。

 

すっかり冷めてしまったものは、ゴマ油を敷いたフライパンで具とご飯と一緒に炒めて、キムチ、卵黄を乗せればビビンバになります。

中華のだし汁たっぷりのところに入れて煮込み、卵でとじればクッパの出来上がりです。

 

牛丼があるだけで、かなり簡単に本格的な料理ができてしまいます。

テイクアウトしなくても、牛丼の具を取り寄せればいつでもアレンジ料理が作れるようになります。

 

牛丼は取り寄せると1食ずつ冷凍のパックになっているので、いつも冷凍庫に常備しておけば、好きな時に調理することができます。

有名チェーン店の牛丼が取り寄せられるので、味はテイクアウトしたものと同じです。

続きを読む≫ 2015/02/10 10:17:10

牛丼のチェーン店と言えば、たくさんのお店を思い浮かべます。

それぞれ多少の味の違いがあって、お気に入りの店があるという人もたくさんいます。

 

それぞれの店の味をセンサーで計測すると、松屋は塩味が強めで、吉野家は甘め。

その中間がすき家という感じになります。

 

どの店の牛丼も食べたことはあっても、しみじみ食べ比べをしたことがある人は少ないでしょう。

でも、こう味の違いがあると言われると、何となく食べ比べてみたくなりませんか?

 

全部の店の牛丼を一度に買ってきて食べ比べるというようなことをしなくても、ネット通販で取り寄せれば夢の食べ比べが実現します。

ほとんどのチェーン店の味を取り寄せることができます。

 

生姜焼きの具や焼き鳥丼の具、豚丼など、お店にあるメニューのほとんどを取り寄せられる店もありますし、お茶碗サイズの少なめな具を販売しているところもあります。

ほとんどの店のパッケージが改良されて、そのまま電子レンジで温めることができるようになったので、鍋にお湯を沸かして湯煎する面倒がなくなりました。

続きを読む≫ 2015/02/10 10:17:10